お知らせ

最新情報のご案内です

松ヶ岡開墾150年記念トークショー&特別展示会

旧庄内藩士が刀を鍬に持ち替えて松ヶ岡の地を開拓してから今年で150年を迎えます。
鶴岡市を中心とする庄内地域は、松ヶ岡開墾場の日本最大の蚕室群をきっかけに国内最北源の絹産地として発達し、現在も「養蚕」から「絹織物」までの一貫工程が残る国内唯一の地です。
絹は現在、循環型素材として世界で注目を集めています。
開墾150年という節目に、持続可能な社会の実現に向けてシルク素材が持つ可能性や、松ヶ岡開墾場が持つ魅力等についてお聞きするトークショーと特別展示会が開催されます。
トークショーの模様は鶴岡市の公式youtubeチャンネルでライブ配信の予定です。

チラシを拡大して見る(PDF)

概要

タイトル 松ヶ岡開墾150年記念トークショー
「シルクの可能性と未来 松ヶ岡から世界へ」
ゲスト:テキスタイルデザイナー 須藤玲子氏
東北芸術工科大学学長 日本遺産アドバイザー 中山ダイスケ氏
日時 2021年9月18日(土)14:00~16:00
場所 松ヶ岡開墾場 五番蚕室
参加対象 庄内地域に居住している方
参加条件 ※事前の申込が必要
定員 50名
料金 無料
申込み・問合せ 鶴岡市羽黒庁舎総務企画課
TEL0235-26-8771
Email. ha-somu@city.tsuruoka.yamagata.jp
タイトル 須藤玲子氏特別展示会
「サーキュラーデザイン ―kibisoはつづくー
日時 2021年9月18日(土)~10月17日(日)
10:00~16:00(水曜定休)
※9月18日のみ14:00~
場所 松ヶ岡開墾場 二番蚕室二階
料金 無料

新型コロナウィルスの感染状況(発生状況)によっては、イベントを中止または規模を縮小して開催する場合があります。

ページトップへ